​​当会の概要

​​公益財団法人 こしじ水と緑の会

当法人は、里山や水辺に代表される身近な自然環境の保全活動や研究活動に対して助成、自ら環境保全に関する活動を行うことを目的として、2001年6月5日の世界環境デーに新潟県の蔵元、朝日酒造により設立された財団法人です。2010年1月に公益財団法人に移行して現在に至ります。

豊かな自然環境の保全を図り、現在と将来の世代のために快適な自然環境を提供することを目指して活動を進めてまいります。

​「身近な自然環境を守り次世代につなぐ活動」として、以下の6つの公益事業を行っています。

当会は、各公益事業を通じSDGs(持続可能な開発目標)の達成に向け取組んでいます。​

当会のSDGsへの取組

1.助成事業
新潟県内の自然保護に関わる事業に対し、助成活動を実施しています。毎年10件前後の団体に対し、1件あたり30万円の助成を行っています。

2.里地里山のモニタリング
自然保護・保全を目的として、当法人が所有する「朝日城の森」とその周辺地の里地里山の動植物のモニタリング調査を行います。
調査は日本自然保護協会のモニタリングサイト1000に準拠します。

3.河川環境保全のための調査研究
信濃川の支川である渋海川をモデルに、河川環境保全のあり方を考えるために、生物調査など調査研究を行います。

4.水と緑の自然学校
子どもから大人までを対象に、豊な自然体験の機会を提供し、環境教育の普及につなげます。現在は、年4回の自然学校を開催しています。

5.自然保護・保全に関する普及・啓発
ホームページや情報誌を通じて自然保護・保全に関する情報を一般公衆にお伝えします。

6.里山の保全・活用
当法人が所有する里山「朝日城の森」を定期的に整備し、里山体験のフィールドとしての利便性を高めていきます。また、里山整備の必要性について理解を深めるための体験プログラムも実施します。

〒940-5412

新潟県長岡市朝日595-5

TEL・FAX:0258-92-5238

Mail:info@koshiji.org